イベント

一般社団法人IoMT学会主催 Meditechビジネスコンテスト2017

エグゼクティブスポンサー

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
http://www.so-net.ne.jp/biz/

結果発表

6/10(土)に開催されたMeditechビジネスコンテスト2017の結果を発表いたしました。

ビジネスコンテスト優勝(同率優勝)

  • 株式会社リクルートホールディングス西沢眞璃奈様
    「調剤薬局薬剤師が帰宅後も患者を健康サポートするwebサービス”すこやくトーク”」
  • 工藤英郎様
    「Wi-Fi内蔵アイピースカメラによる遠隔病理診断への挑戦」

次点

  • 甘楽町地域おこし協力隊 萩原涼平様
    独居高齢者向けコミュニケーションツール「EMOTOMO」

開催日

日程:2017年6月10日(土)

応募資格

  • 高校生以上
  • グループ応募も可(ただし、代表者を決めること)
  • ビジネスアイデアが事業化されていない、あるいは事業化されてから3年未満であること
  • 東京開催のMeditechビジネスコンテスト2017に参加できること

応募内容

下記2点を応募資料と送付してください

  1. 成長戦略を描く、あるいは新しい発想の未来を見据えたMeditechに関するビジネスアイデア
  2. 応募者の自己PR

応募方法

指定の応募フォームに必要事項の記入の上、応募資料をお送りください。応募資料のフォーマットや枚数、書き方は特に定めておりません。自由な発想で思い描くビジネスアイディアを資料にまとめてください。

応募フォーム

選考フロー

flow

スケジュール

プログラム概要

Meditechビジネスコンテスト2017につきましては、該当者に詳細をご連絡いたします。内容としては、東京開催の会場にて、1人5〜10分程度のプレゼンテーションを行っていただきます。

基調講演

島原 佑基

東京大学大学院修士(生命科学)。大学ではMITで行われる合成生物学の大会iGEMに出場(銅賞)。研究テーマは人工光合成、のちに細胞小器官の画像解析とシミュレーション。グリー株式会社に入社し、事業戦略本部、のちに人事戦略部門に従事。他IT企業では海外事業開発部にて欧米・アジアの各社との業務提携契約等を推進。2014年3月に研究室のメンバー3名でエルピクセル株式会社創業。現在、ライフサイエンス領域における画像解析システムの研究開発をはじめ、研究者教育にも力を入れている。”始動 Next Innovator 2015(経済産業省)”シリコンバレー派遣選抜。”Forbes 30 Under 30 Asia(2017)”Healthcare & Science部門のTopに選ばれる。
https://lpixel.net/about/members/

審査員紹介

福島 智史

ドイツ証券株式会社 投資銀行統括本部にて、M&Aアドバイザリー並びに資金調達業務に従事。
2014年4月グロービス・キャピタル・パートナーズ入社。
東京大学経済学部卒。

五十嵐 健祐

2012年慶應義塾大学医学部卒。
群馬の脳卒中専門病院にて救急、循環器内科、神経内科、精神科、緩和ケアに従事。2013年、国立循環器病研究センターにて短期研修。
新宿、渋谷、池袋、上野、秋葉原にて総合内科、心療内科、整形外科、皮膚科に従事。2014年9月、東京都千代田区にお茶の水内科開設。
2016年5月よりデジタルハリウッド大学校医兼特任准教授、デジタルハリウッド大学大学院にてデジタルヘルスラボ運営。
心房細動検出アプリ「ハートリズム」、応急救護支援アプリ「ハートレスキュー」、睡眠時無呼吸検出アプリ「イビキー」、かかりつけ患者さん向けオンライン診療サービス「お茶の水内科オンライン」開発、誰でも無料でオンラインで医療を学べる情報サイト「お茶の水内科大学」、歩けば歩くほど健康でお得になるアプリ「おちゃないGO」開発。

加藤 浩晃

京都府立医科大学眼科学教室 特任助教 デジタルハリウッド大学大学院 客員教授  2007年浜松医科大学卒。京都府立医科大学附属病院で眼科専門医として従事。1500件以上の手術を執刀、33冊の医療系書籍(単著&共著)を発刊。 医師のキャリアのかたわら、多くの医療プロジェクトに従事。白内障手術機器の「二刀流チョッパー(加藤式核分割チョッパー)」や遠隔医療サービス「メミルちゃん」などを開発。  その後、厚生労働省に入省し、医療制度改革に取り組む。主に、G7伊勢志摩サミットでの医療提供体制や高難度新規医療制度、臨床研究法の成立などに関わった。  現在は医師として働きながら、ヘルスケアビジネスに必要な「医療現場」「医療制度」「ビジネス」の3領域を理解する数少ない存在として、自ら新規事業を創出するとともに企業のアドバイザーを勤める。東北大学非常勤講師、日本遠隔医療学会分科会長兼務。

猪俣武範 (いのまた たけのり) MD, PhD, MBA

順天堂大学医学部眼科学教室助教、順天堂大学医学部戦略的手術室改善マネージメント講座助教、順天堂医院病院機能管理室併任、一般社団法人IoMT学会代表理事、一般社団法人JGMS代表理事
 
順天堂大学医学部医学科卒業。東京大学附属東大病院初期臨床研修修了後、順天堂大学大学院眼科学で医学博士号ならびに眼科専門医取得。2012年から2015年10月までハーバード大学医学部眼科スケペンス眼研究所へ留学。留学中にはボストン大学経営学部Questrom School of BusinessでMBAを同時に取得。2015年11月より現職。 2016年2月に『ハーバード×MBA×医師 目標を次々に達成する人の最強の勉強法』出版。
Officialホームページ: http://inomata-official.com

柳内啓司 (やなぎうち けいじ)

1980年生まれB型。東京大学大学院卒。在学中に㈱サイバーエージェントにてウェブ広告制作に携わった後、㈱TBSテレビに入社。インターネット上での動画制作やプロモーションを担当した後、(株)ビジネスライフ及び(株)ヒーローの代表取締役に就任。インターネットを絡めた出版や動画のプロデュースやコンサルティングを行っている。

プログラム

  • 12:00 開演
  • 13:10-14:00 基調講演
  • 14:15-16:40 ビジネスコンテスト(プレゼンテーション&質疑応答)
  • 17:15-17:30 表彰式・講評
  • 優勝者インタビュー
  • 17:35-17:45 閉会挨拶
  • 17:45-19:00 懇親会

会場

デジタルハリウッド大学院3F E15,16,17教室
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4丁目6 御茶ノ水 ソラシティ アカデミア 3F

応募フォーム

発表者要項

1.準備していただく資料

  • ●発表資料:pptもしくはPDF

2.発表について

  • ●発表10分+質疑5分
  • ●備え付けPCはWindows、MACを1台ずつ用意する予定です。ご自身 のPCの使用は可能です。ただし持参PCで本番に接続トラブルがあった場合、発表時間の延長はできません。接続コードの準備もお願いいたします。
  • ●タイマー、遠隔クリッカー、ポインターは用意する予定です。

3.6/10の集合時間

当日は、12:00 デジタルハリウッド大学院大学3F E15、16、17 にお越しください。
ご都合により遅刻される場合、ご連絡ください。
当日のご連絡は、tainoma@gmail.com (猪俣)までお願い致します。

<優勝賞金>
30万円 (ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社)

観覧を希望される方へ

Meditechビジネスコンテスト2017の観覧を希望される方は、下の観覧お申込みフォームより申し込みをお願いいたします。観覧費用は下記となります。

  • 会員:3,000円
  • 学生:1,000円
  • 非会員:5,000円
  • 投資家:10,000円

観覧お申込みフォーム