学会概要

hires

IoMT学会とは

IoMT学会は、人類の健康増進への貢献を目的に 医療分野に特化したIoTに関する研究を、 医師/研究者/企業らが学際的に連携して 行うためのプラットフォームとして設立されました。

研究対象例

研究対象例としては下記のようなものになります。

  • 遠隔診療プラットフォーム
  • ブレスレット型ウェアラブルデバイス
  • iPhoneリサーチキット
  • IoTトイレ
  • IoT体温計
  • スマート体重計
  • デジタル聴診器

役員紹介

猪俣武範(いのまたたけのり)

1981年5月、千葉県船橋市生まれ、茨城県取手市育ち。
2006年順天堂大学医学部医学科卒業。
2008年東京大学附属東大病院初期臨床研修医終了。
2012年順天堂大学大学院眼科学にて医学博士号ならびに眼科専門医取得。
2012年からハーバード大学医学部眼科スケペンス眼研究所へ留学。
留学中にはボストン大学経営学部Questrom School of BusinessでMBA取得。
2015年11月より順天堂大学医学部附属病院眼科助教として、臨床、研究、教育、経営に携わる。
日本の医療従事者の海外留学を支援する一般社団法人JGMS(Japan Global Career Support)を設立し、日本の医療のグローバル化に貢献。

柳川貴雄(やながわたかお)

1981年9月生まれ、大阪府大阪市出身。
2008年信州大学医学部医学科卒業。
2010年信州大学附属病院にて初期研修課程修了。
脳神経外科専門医ならびに指導医資格取得。
2014年10月より長野県厚生連小諸厚生総合病院にて勤務。
現在、一般社団法人「在宅健康管理を推進する会」代表取締役医師を勤める。
2016年4月には、同社団法人により、日本初の医師による遠隔見守り事業「見まもりブレイン」も始動。

柳内啓司(やなぎうち けいじ)

1980年生まれ。東京大学及び東京大学大学院卒。
在学中に人工知能の研究に取り組む傍ら、株式会社サイバーエージェントにてインターネット広告ビジネスやコンテンツ制作に携わる。
卒業後株式会社TBSテレビに入社。
番組制作技術、VC投資、番組のデジタル戦略などに従事。
これまで自身が取材した記事がYahoo!ニュースに4度掲載されたり、出版プロデュースした書籍が合計8万部を突破するなど、個人としてもコンテンツプロデュースや広報PRのプロフェッショナルとして活躍。

分科会

IoMT学会では分科会を設け、スピーディな研究成果にコミットします。

※各分科会へのご入会・会員登録は、IoMT学会員であることが必要となります。

  • 遠隔診療プラットフォーム分科会
  • iPhoneリサーチキット分科会
  • スマート家電分科会
  • スマート医療機器分科会

学会会則

IoMT学会会則はこちら